夏は牝馬の回収率が高い。冬は牝馬が低い。

いわゆる競馬の格言にあります『夏は牝馬』についてデータを基に解説します。



①データから夏は牝馬、冬は牡馬の傾向



結論から申しますと、『夏は牝馬が強く、牡馬が弱い』『逆に冬は牡馬が強く、牝馬が弱い』傾向があります。

データ

分析期間 2014年1月1日~2018年12月31日

中央競馬 すべてのレースが対象。

データを読み取りやすくするため、単勝オッズ80倍以上の馬を対象に分析とする。

複勝回収率データ一覧

牡馬 牝馬 せん馬
1月 81.20% 73.70% 72.70%
2月 82.20% 73.20% 72.70%
3月 85.40% 72.50% 66.40%
4月 83.60% 71.50% 67.20%
5月 82.10% 74.90% 71.00%
6月 77.10% 85.80% 83.20%
7月 74.60% 86.90% 90.60%
8月 75.80% 83.60% 86.30%
9月 76.60% 84.30% 101.10%
10月 78.80% 74.60% 91.20%
11月 82.50% 70.50% 69.10%
12月 83.00% 76.70% 77.40%

プラス回収率

綺麗に傾向が現れているので、

牡馬は11月から5月に回収率が高く、6月から9月の回収率が低い。
牝馬は6月から9月に回収率が高く、11月から5月の回収率が低い。

このような傾向が読み取れます。

②夏は牝馬、冬は牡馬のような傾向になる理由



夏は牝馬、冬は牡馬のような傾向になる合理的な理由を考察します。

説明がスムーズになるので、冬の牝馬から説明します。

冬から春競馬

牝馬は冬になると、気温の低下により、発情期の時期になる春に備えて体に変化が起きます。牝馬の能力低下が起きる季節はおおよそ11月から5月まで。特に1.2.3月は発情の兆候のフケが出ますので、レースに集中できなくなります。動物の生理的な現象なので、競走能力低下の理由としては明確ですね。

そういえば、あの名牝「ジェンティルドンナ」でさえ「2月の京都記念G2」で1番人気を背負いながら不可解な負けがありましたね。決して鞍上が変更(ムーア→福永)になったからではないですよ。

そういった理由があったのでしょう。

対して牡馬は牝馬が冬に弱くなったおかげで冬場の回収率が高くなります。また、季節以外の要因として、芝のレースよりダートのレースが多く開催されることも要因にあります。

詳しくは芝とダートでの性別による回収率傾向の差で説明します。

ダートレースは牝馬の回収率が極めて低い!!性別による芝ダート適正。

牡馬全体の傾向として牡馬はダートレースに強いので、ダート競走が多く開催される冬により回収率の高い傾向が出るのでしょう。

夏から秋競馬

反対に夏の時期はどうかというと、牝馬より体の大きな傾向にある牡馬は夏バテしやすいようです。馬体重を比べるとわかりやすいでしょうか。

動物界全体を見ても、熱いところに住む動物は小さく、寒いところに住む動物は大きく成長するようですからね。

夏バテした牡馬は競走能力が落ちます。そこに冬から春にかけての発情の時期を終えて、絶好調となった牝馬が走り出します。

また、牝馬全体の傾向として、牝馬は芝レースに強いので、芝競走が多く開催される夏競馬で回収率の高い傾向があるようです。

③回収率を上げる馬券の買い方



1. 夏の牝馬 発情期からは解放されて芝の開催の多い夏に回収率が高くなる。◎
2. 夏の牡馬 体が大きいため夏バテを起こし、回収率が低くなる。×
3. 冬の牝馬 発情期に入る為、体や精神状態が競走に向かなくなる。×
4. 冬の牡馬 牝馬が弱く、ダート開催の多い冬は回収率が高くなる。◎



合理的に説明できました。今後もこの傾向は長く続くでしょう。
関連記事

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

夏は牝馬の回収率が高い。冬は牝馬が低い。 Apr 28, 2019
ダートレースは牝馬の回収率が極めて低い!!性別による芝ダート適正。 Apr 28, 2019
芝ダート転向で激走 適性コースを試す馬は回収率が高い Apr 28, 2019
投資競馬最短成功指南 私からのご提案 Mar 02, 2019
『オリジナル競馬指数を作りのコツ』を教えます。 Feb 23, 2019
競馬で勝ちたい方にご提案 『初見さん初心者さん向け』 Feb 02, 2019
始めての方に読んでほしい記事
カテゴリ
月別アーカイブ
 
プロフィール

ウッドマン

Author:ウッドマン
競馬ソフト使わないで競馬するなんて丸腰で戦場に行くようなもの

2015/2/21
例の馬券裁判で馬王を知りユーザーになりました。2013年からデフォルト得点を利用していたが、ようやく納得できる馬王4オリジナル得点式が出来上がったので少額でリアルベットを開始。馬王Zはデフォルトに近いものを使用しているので公開しません。

2015/7月
初期資金が2.5倍になり調子に乗る。

2015/11/14
三ヶ月に及ぶ長い長いドローダウンを経験。ピーク時軍資金の70%を溶かす。ロジックを少々手広くした。オリジナル得点式は重賞のみ結果がでている。

2016/05/08
正月休みに調整した馬券ロジックに欠陥があり、また発見が遅れ、軍資金を飛ばす。ブログ更新のやる気も一時は潰えたが、豆馬券で再び。

2016/10/5
ブログ休止中はまじめに競馬に打ち込む。シュミレーションどうり原資回復し安堵。

2017/01/07
得点式を馬王4から馬王Zに完全移行。ついでに単勝系ロジックから複勝系ロジックに。ブログ再開。

2017/4/17
昨年やらかした資金もいつの間にか回復し、初期資金比3.4倍に。

2017/9
秋競馬に入り競馬活動にも熱が入りブログを頻繁更新。年始作成のロジックが衰えず、軍資金も自己最高の7倍を記録。

2017/年末
秋天・JBC・JC・香港・有馬に行き、得意のアナログ競馬でしこたまやられる。ブログのやる気再び失う。

2018/6/14
ぼちぼちブログを更新。税金対策(雑所得)とネタ作りに一口馬主を検討。